平成30年度も使える助成金!!

正社員化の導入、法定外の健康診断、同一労働同一賃金、人事評価制度の導入に取り組む企業に制度導入助成や目標達成助成を行うものです。

1.助成額(中小企業の場合)

制度名 助成額
キャリアアップ助成金(健康診断制度コース) 38万円(生産性向上で48万円)
 キャリアアップ助成金(正社員化コース)  28.5万円~57万円(生産性向上で36~72万円)
人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース) 50万円+(目標達成助成で80万円加算)
キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース) 38万円(生産性向上で48万円)

 

 ・(注1) 生産性向上については別途説明させていただきます

・(注2) いずれの助成金も就業規則の作成が必要になります。

2・各助成金の内容

1.キャリアアップ助成金(健康診断制度コース) 

 

 ①非正規社員(有期雇用、無期雇用、派遣社員)対し、法定外の健康診断制度を新たに規定し、

  延べ4人以上に実施した場合に38万円の助成が受けられます。(1事業所1回のみ)

 

2.キャリアアップ助成金(正社員化コース) 

 

 ①非正規社員(有期雇用、無期雇用、派遣社員)を正社員や無期雇用社員にすることで、28.5万円から57万円の助成が受けられます。(1事業所当たり1年度間に20名まで)

 

3.人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)

 

 ①生産性向上のための能力評価を含む人事評価制度と2%以上の賃金アップを含む賃金制度を整備し、実施した場合に50万円の制度整備助成が受けられます。

 ②人事評価制度整備計画の認定申請から3年経過後に人事評価制度等の適切な運用を経て、生産性の向上および労働者の賃金の2%以上のアップや離職率の低下に関する目標の全てを達成した場合、80万円の目標達成助成が加算されます。

 

4.キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)

 

 ①非正規社員(有期雇用、無期雇用、派遣社員)対し、正規雇用労働者と共通の諸手当制度を新たに設け、適用した場合に38万円の助成が受けられます。(1事業所1回のみ)

 ②共通化した対象労働者(2人目以降)について、助成額を加算(対象となる労働者が最も多い手当1つについて、対象労働者1人当たり1.5万円加算)(上限20名まで)

 ③同時に共通化した諸手当(2つ目以降)について、助成額を加算(原則、同時に支給した諸手当についてのみ対象とし、諸手当数1つにつき16万円加算)(上限10手当まで)

 

 

 平成29年度より、雇用関係の助成金は申請要件が各段に複雑になっています。

 

また、生産性向上要件というものを助成額アップのための要件に設定したものが多くなっていま

 

す。

いままで以上に、助成金に精通した社労士以外は手が出し難くなっていることは確かなようです。

3.費用

1.導入のサポート費として、労務管理の顧問料金(税抜き月額1万円から)を頂きます。

  (すでに顧問契約を結んでいただいている事業主さまを除く)

2.成功報酬として顧問先は助成額の15%、顧問先以外は20%です。

 

3.就業規則作成・変更代金や人事評価制度の設計コンサルティング代金は別途発生します。

ダウンロード
平成30年度 使える助成金
FAXで申し込みをする場合は、こちらをご利用ください!!
H30年度助成金ちらし.pdf
PDFファイル 188.5 KB

4.お問い合わせはこちら!!

5.生産性要件とは?