生産性要件とは?

生産性要件とは、雇用保険被保険者1人当たりの労働生産性を向上させることで、助成額を割増させるという制度です。

1.具体的要件

①助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における「生産性」が、その3年前に比べて%以上伸びていること または

その3年前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること(※)

 

※ この場合、金融機関から一定の「事業性評価」を得ていること

 「事業性評価」とは、都道府県労働局長が、助成金を申請する事業所の承諾を得た上で、事業の見立て(市場での成長性、競争優位性、事業特性および経営資源・強み等)を与信取引等のある金融機関に照会させていただき、その回答を参考にして、割増支給の判断を行います。

 

①「生産性」は次の式によって計算します。

 

 生産性=(営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課)/雇用保険被保険者数

 

※「生産性要件」の算定の対象となった期間中(3年前の会計年度の初日から直近会計年度の末日まで)に、事業主都合による離職者を発生させていないこと。

2018年 社労士制度50周年