「人を育てる人事制度」

 導入コンサルティング提案書

 

はじめに

 人事制度は、人を良い社員と悪い社員に分類する道具ではありません。人を育て、企業を発展に結びつけるしくみとして構築することが大切です。

人を育て、利益を生み出す企業風土とするための重要なしくみが人事制度です。

 

人事制度の構築方法は、下記の通りです。

 

1 プロジェクトで進めます

  管理者が中心となってプロジェクトを結成し、プロジェクトメンバーが制度を構築する方法を取ります。

 

2 作成する人事制度の構成は、次の4つです。

 ・ 資格等級制度・・・・社員の皆さんが成長するステップを等級として

   表現します。(例えば6等級)

 ・ 評価制度・・・・・・社員の努力度を評価するための制度です。

 ・ 能力開発制度・・社員の能力向上の機会を与える制度です。

 ・ 給与制度・・・・・・等級と評価の結果に応じて昇給額を決定するための

            しくみです。このしくみには、人件費予算の範囲内で昇給額を決定する要素を含んでいます。

3 推進方法

  社内の管理者で「人事制度策定プロジェクト」を結成し、月2回の活動によって制度を構築します。

4 計画

  詳細スケジュールは別途「計画表」をご提示します。

 

5 コンサルティング(プロジェクト)期間、回数

           期間目安:6ヶ月~8ヶ月間

           毎月2回、各3時間程度のプロジェクト指導

    

6 担当コンサルタント

  風とつばさ社労士事務所

  特定社会保険労務士 上川謙吾


       

 支援内容

 

次の4項目について、指導を行ないます。

・ 職能資格制度の確立

・ 評価制度の策定
・ 能力開発制度

・ 給与体系の策定


 

 

人事制度導入セミナーの様子
人事制度導入セミナーの様子

2018年 社労士制度50周年