いつまで国民を愚弄するのか?!

先日の、ある元首相秘書官の参考人としての発言。

あまりに疑わしいことをよく言うもんですよ。

 

そして、恐らく嘘と分かるようなことを言ったために、すぐに愛媛県から反論が・・・

 

元秘書官:「テーブルには加計学園関係者が着いて、その後ろに10名ほどいましたので、その中に今治市や愛媛県関係者がいたのかもしれません。

愛媛県:「全部で6名。全員テーブルについており、そのうち3名は愛媛県の職員。名刺もこうやって交換している。(名刺を出しながら説明)」

 

そのほか、「加計学園に限らず、アポを取っていただければ、誰とでもお会いする」とか、

「この件に関してだけでなく、総理大臣には一切報告はしていない。」

 

ははは・・・!

そんな馬鹿な 笑・・・

 

いったい、日本の政府関係者というのは、いつまで国民を愚弄し続けるのでしょうか?

さすがに、あったまにきますよね~!!プンプン

 

だれが嘘を付けと指示を出しているのかは知りませんが、その人はきっと大きなしっぺ返しを食うんでしょうね~!

 

ただ、困ったことに、主権が国民にある国家においては、最終責任は国民に帰ってくるので知らん振りは出来んのですよ!!

 

2018年 社労士制度50周年