よく、管理監督者って言うけど!!

 よく、管理監督者は残業代を払わなくって良い(貰えない)なんて言うけど、この、管理監督者って管理職のこと??

 

 実は、労働基準法でいう管理監督者とは、会社で管理職って決めているかどうかは全く関係なしに判断されます。

 

一応通達では「労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者の意味で、名称にとらわれずその職務と職責、勤務態様等、実態に即して判断される」とされています。

 

そもそも、労働基準法では「管理監督者」と表記されてはおらず、「監督若しくは管理の地位にある者」と表記されています。

 

つまり、監督者と管理者それぞれに定義があるはずです。

 

監督者とは、労働者の仕事の内容を決定し、手順、時間を配分し、指示通りに働いているか把握し、時間外労働や休日労働の必要があれば指示する立場にあるものです。

 

一方、管理者とは、採用から退職まで一貫して人事管理をつかさどる責務を負うものです。

 

そして、労働基準法違反で刑事罰に問われるのは、決して経営者だけではないというのも注意が必要です。

 

労働基準法では「使用者」に対して罰則を与えるわけですが、

その「使用者」とは、「事業主または事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう」とされています。

 

つまり、「会社そのものや会社の経営者その他社員に関する事項について、会社のために行為をするすべての者」というと少し分かり易いかも。

 

つまり、監督者や管理者がそれにあたると思われます!!

2018年 社労士制度50周年