年末年始も働いている人がいる!!

 この年末年始は曜日の関係で12月27日が仕事納めで1月6日が仕事始めという方が多いのではないでしょうか?つまり9連休という、かなり長い休暇が取れる方が多いと思います。

 

しかし、世の中には、年末年始は関係なく働いている方々がいるということを忘れてはいけません。

 

例えばこの写真。

三味線の演奏と歌に合わせて餅をついているシーンですが、この右側にはお年寄りが30名ほど座って、この餅つき大会を楽しんでおられました。

そう、これは介護施設で行われた餅つき大会の写真です。

 

そして、餅をついている方は、この施設の職員。働いているんです。

お年寄りたちの大部分は年末年始もこの施設で過ごします。

つまり、そのお世話をする職員が常にいることになります。

 

 

 大晦日も、元旦も、介護士、看護師、厨房で食事を作る人たちは交代で働いています。

 

ともすれば、私たちは給料が安いとか、休みが少ないとか、残業が多いとか、不平不満を言いがちです。

 

でも、この方たちを見ていると、かつて、そんな不平を言っていた自分が恥ずかしくなります。

 

2018年 社労士制度50周年