最近、操業したいって話にチラホラ出会うけど!!

はい、チラホラ出会うんですが。

といっても、これ、中小企業診断士さんを通してというのが多いです。

 

経営相談、起業相談などは、やはり中小企業診断士さんが一番なんでしょうね。

あと、税理士さんというのもあるようです。

 

実際に、会社の定款作成や登記業務を行ってくれるのは司法書士さんなので、初めっからそっちに行く方もいるのでしょうね。

 

では、社会保険労務士のところに来る人は・・・・

思うに、個人事業でやっていると国民健康保険料がバカみたいに高いので法人にして健康保険に入ったほうが安くなるのではないかといった知識を得た人なのかも。

 

はい、国保・・・・バカみたいに高いです。

国民年金も夫婦で入れば3万2千円程度掛かります。

ならば、健康保険に入って、配偶者は健康保険の被保険者、国民年金第3号被保険者にしてというのも、当然考えることではあります。

 

けっして、金持ちが少しでも金が出るのを対策しているというのとは訳が違います。

 

できることはやりましょう。

生きるためには!!

2018年 社労士制度50周年