社労士の認知度は上がれど!!

ここ最近、社労士や行政書士が逮捕されたという話がニュースになりました。

 

行政書士の件は、元警官の行政書士で、他人の経営者名義で風俗営業許可申請をしていたことで逮捕されたということですが、もうかなり前からやっていた常習犯だということでした。

 

社労士の件は、顧客の健康保険証から他人名義のクレジットカードを使って買い物をしたという詐欺容疑でした。

 

社労士の名前もかなり知れ渡ってきたとはいえ、まだまだ認知度は税理士には及ばず、まして、仕事の内容まではほとんど知られていないと言っても良いのではないかと思います。

 

そんな中、社会保険労務士の認知度向上には役に立ったかとは思いますが、なんとまあ、詐欺容疑だなんて・・・・

 

認知度向上には役立ったけど、品位を貶めてもらっては困ります。

 

働き方改革、一億総活躍社会等々。

今は社労士が前面に出て活躍する時代になってきたと思います。

 

しかし、けっして品位を貶めるような活躍はしてはいけません。

正々堂々と胸を張って、社会保険労務士であることを誇りを持って活躍したいものです。

2018年 社労士制度50周年