人を雇うということ!!

愛媛のような田舎の社労士事務所では、一人事務所が結構多いわけだけど、中には4,5人雇っているような事務所もあります。

 

私はというと、・・・・相変わらず一人事務所!

 

人を雇ったところから仕事の種が発生する社労士がそれで良いのか?という議論もあるかもしれませんが!

 

ところで、よく「子供ができたから、今までのようにチャランポランな生き方でなく、真面目に仕事をしよう!」とか、「家族が増えたので、もっと稼げるように頑張ろう!」とかいう言葉は聞かれたりします。

 

同様に「社員を雇ったから、しっかり給与を払えるように頑張ろう!」という話をしてくれる事業主さんもいます。

 

責任感をしっかり受け止め、それを仕事の原動力に変えていくということで、素晴らしいことだと思います。

 

そんな事業主さんにお会いすると、なんか嬉しくなってしまうと同時に、自分の不甲斐なさに落ち込んでしまったりもします。

 

でも、開き直りが必要。

 

自分にできることをしっかりやります。

自分では雇用できなくとも、雇用をしている事業主さまのお手伝いを、できる範囲でやります。

 

それが私の仕事だから!!

2018年 社労士制度50周年