社労士を主人公にしたドラマ!!

むかし、「ダンダリン」という労働基準監督官を主人公にしたドラマがありました。

「トッカン?」という国税徴収官を主人公にしたドラマもありました。

 

士業の側では、弁護士を主人公にしたドラマはたくさんありますが、それ以外の士業で行政書士を主人公にした「カバチタレ」や続編の「特上カバチ」が有名です。

 

そろそろ社労士を主人公にしたドラマもあっても良いのではないかな~というか、あってほしいな~と思う今日この頃。

 

社労士の仕事の大半は文書や申請書の作成であって、ほとんど絵にもならないでしょうが、なんといっても人間のトラブルなどを扱う仕事はドラマにもなると思うのですが。

 

いや、普段の事業主さんや会社の管理部門の担当者との会話などであっても、その気になれば面白い物語を作ることは出来ると思うんです。

もちろん、それが大衆に受けるかどうかは分かりませんが、見てみたいと思う今日この頃です!!

2018年 社労士制度50周年