全力失踪で失踪宣告!!

これまたドラマのお話だけど!

 

NHKのドラマに「全力失踪」というのがあります。

 

内容は「不動産投資に失敗し、借金が膨大になり、生命保険の給付を受ける手段として7年間行方不明になって失踪宣告を受けようとするもの」

借金の取り立て屋から逃げながら、日本全国を転々とし、アルバイトをしたりホームレスになったりしながら、なんとか7年が過ぎて生命保険も家族の口座に入った。

 

まあ、そのあと、事件に巻き込まれ生きていることがバレてすべてがパーということにはなるんだけど。

それでも家族は今まで以上に強い絆になったようです。

それにしても、失踪宣告を利用して自分を死んだことにするなんて・・・・

 

第一、死んだ以上戸籍から抹消され、健康保険証だって作ることは出来ないし。

というか、失踪中だって、病気や怪我をしても健康保険は使えませんよね。

使ったところで生存が確認されるので、また7年のカウントのし直しになるし。

 

現実には、失踪宣告なんて使えるものではないですね。

やっぱり大量の借金背負ったら自己破産というのが落ちなのかと・・・・

2018年 社労士制度50周年