年金事務所の総合調査は緊張する!

昨日はクライアントの年金事務所総合調査に同席しました。

 

事務所の調査員が、賃金台帳を何も言わずじっくりと見ていくので非常に緊張しました。

 

全体で1時間弱。

その間で賃金台帳を見ている時間が半分くらいはあった感じです。

それ以外では、出勤簿はパラパラと、源泉徴収の領収書もチラッと、就業規則と賃金台帳は少しばかりじっくりと・・・・

 

たま~に、「これは〇〇〇・・・〇〇〇ですかね?」と質問があり、会社の担当者が答える・・・

 

こんなやり取りが何回か。

 

で、無事に調査終了しました。

会社を設立してから2年ほどの新しい会社ですから、今回が初めての調査でした。

 

それにしても、数分間沈黙されてじっと書類を見られると、異様なまでに緊張しますね~!!

2018年 社労士制度50周年