タイムカードの打刻!!

昨日の夜のことなんですが。

娘が、何やら紙と手帳を真剣に見比べながら、「う~ん、合わない・・・・合わない!」とつぶやいているので、「何を真剣に見てるの?」と聞くと!

 

「タイムカードで打刻した時間と給与明細の労働時間が4時間も違う!」とのこと。

 

私:「タイムカードは働く前に押すし、仕事が終わった後に押すので、時間はどうしても違うよ!」

 

娘:「でも4時間〇〇分も違う?」

 

私:「何日働いたの?」

 

娘:「20日」

 

私:「4時間は240分。20日で240分なら、1日あたり12分。そのぐらいの誤差は」当然じゃない?」

 

娘:「え~~~~??」

 

納得していないみたいです。

はい、これが今の労働者の率直な気持ちなんでしょうね。

 

妙に納得してしまうし、何故か嬉しい会話でした!!

2018年 社労士制度50周年