スターウォーズ「最後のジェダイ」!

今日から上映の「スター・ウォーズ エピソードⅧ 最後のジェダイ」観てきました。

 

レイの両親が誰なのか分かるとか、最後のジェダイとは誰のことなのか分かるとか・・・・いろいろ噂は流れていたのですが・・・??

 

まあ、ストーリーを書いたりするのは野暮なので書きません。

 

スター・ウォーズは物語が壮大なので、何を描いているのか分かりづらいというのはあるのですが、今回の作品は特に分かりづらい!

 

光か闇か!

 

そう、その戦いであるというのは分かるのですが、見終わってどんな気分ですか?と問われれば・・・・

 

こんな気分ですね・・・・

 

ものすごく暗い、ダークサイドに覆われたような・・・・

 

ちょうど、エピソードⅢを見終わったときもそんな感じでした。

あのときは、もっと落ち込んだでしょうか!

 

しかし、「いつも希望を繋がないといけません。」とこの映画は語りかけているような気はします。

 

フォースと共にあらんことを!!

2018年 社労士制度50周年