大きな権力・権威を持つ者!!

もうかなり前から、大相撲の暴力問題がテレビ各社をにぎわしているわけですが・・・・

 

「大いなる力を持つ者は、大いなる責任が伴う!」

 

これ、スパイダーマンか何かの映画の中で、おじさんが言ったセリフなんですが・・・

もしかしてら、そのセリフを自分なりにアレンジしてしまったかもしれません。

 

でも、この言葉は本質を言っていると思います。

 

権力を持つ者。

例えば、政治家、公務員(裁判官や検察官、警察官も含めて)。組織の長(たとえば社長や理事長、大会社なら、その中間の〇〇長)!

 

権威を持つ者。

今回の横綱はこれだと思います。

その世界の第一人者とか、レジェンドなんて呼ばれる人、ノーベル賞受賞者等々でしょうか・・・

 

力を持つ者は、その責任も、その力に応じて大きいと思います。

 

物理的な力を持つ者。

格闘家(お相撲さんも当然含まれる)、・・・そして

ジェダイ!(笑)

 

力を感情のままに相手にぶつければ暴力になります。

今の社会では暴力は禁止。暴力に暴力で返すことも禁止されています。

私怨による報復も、それ自体が犯罪行為となりえます。

 

いったい何をやっているのか、相撲界!!

 

さて、ここらで社労士らしいことを・・・

 

理事の中の1人が、理事会に意見を提出するようにという求めにも応じず、また、訪ねてきた理事にも居留守を使ったりして、一切合わないというのは、不遜だと思います。

 

しっかり意見を述べて、それから行動を起こすべきです。

「暴行があり、傷害を負ったので、警察に被害届を出しました。」と報告して、

「これは傷害事件なので、警察での取り調べが終わるまでは、協会での取り調べはお待ちください!」と言ったら良いのです。

 

あと、減給の制裁は、全く効果なしですね!

懸賞金だけでひと場所1千万円以上ある横綱に対して・・・・・

2018年 社労士制度50周年