事業というマラソン!!

今日は愛媛マラソンの日。

おそらく、この時間には写真の城山の下の公園にはランナーや関係者がわんさか集まって、10時のスタートに向けて準備やウォーミングアップをしている頃でしょう。

 

写真は、6時半頃取ったものですから、もう明るくなっているのですが。

 

ところで、マラソンです。

 

我々も社会保険労務士業という事業をしているわけですが、あらゆる事業は、その創業期はマラソンに例えられると思います。

 

まずは開業資金。

マラソン選手は、走る前(前日なのかは良く知りません)にカーボローディングという炭水化物を多く摂取する食事をするそうです。

これは、事業資金をためることと同じですね。

 

いよいよ走り始めますと・・・・走行は自分のペースで走る必要があります。

実力以上に頑張ろうと無理をすると、途中で息切れしてリタイヤ(廃業)することになりかねません。

 

走っている最中にも水分を補給したり、食物を摂取したりします。

増資であったり、融資であったり、そういったことは必要になるの場面があります。

 

長いランニング中には足が痛くなったり、呼吸が苦しくなったりするでしょう。

それでも踏ん張らないといけないのが事業でありマラソンであり。

 

この事業というマラソン、うれしいことに周りの応援があるんですね。

沿道で応援してくれる人たちが大勢います。

 

声援を送ってくれる。

仕事を紹介してくれる。

この応援が、思わぬ力を引き出してくれるものです。

 

それでも継続を断念することもあるでしょう。

 

この起業というマラソンも、走るマラソンも、決して死んでも成し遂げないといけないことではありません。

 

怪我をして、後遺症が残るようではマラソンをした意味は無いと思います。

リタイヤする勇気も必要です。

 

私も社会保険労務士で開業して5年が過ぎています。

本当にこの5年間でもいろいろなことがありました。いまでも、まだ創業期の苦しみの中だと思っています。

 

でも、この事業というマラソンが楽しく、今も走れていることに感謝しています。

 

2018年 社労士制度50周年