大雪で出勤できない場合の賃金は?!

毎日大雪や積雪による車列の立往生などのニュースがわんさかと流れています。

 

富山などは本当にひどい有様のようです。

 

我が愛媛県も南部の方(南予と言います)は大雪で、お店は商売上がったりだという声も聞こえます。

 

30cmも積雪があるところもあるようです。

これって、例年には無い大雪です。

 

松山も、例年になく寒い日が続いています。

ただ、積雪はというと、・・・・・全く無し!

雪の降るときがたまにあるくらいで、それでも松山では雪の降ること自体が珍しいことです。

 

我が事務所の窓から見える景色は、わずか数十キロメートル離れた大洲の雪景色とは対照的です。

 

今日は午後から社労士会の倫理研修があるのですが、南予支部の方々は無事に来られるのか心配です。

 

う~~ん、というか、・・・・来るべきではないような気もします。

 

どの県会もそうでしょうが、県会の研修は県庁所在地でするのがほとんどだと思います。

 

つまり、地理的に離れたところの会員は、そこに行くだけでも一苦労というところも、田舎であればあるほど、その傾向は強いと思います。

 

ましてや、今回のような大雪は想定外だろうと思います。

2月の頭に開催するので、想定外とは言えるかどうか怪しいのですが・・・

 

ああ、午後に研修会場に行ってみれば分かるんですが・・・・

 

あれ、また昨夜と同じことを書いている?!

 

気を取り直して、本題です。

 

社労士としては、この雪の中で動けないとか外にも出られないような場合の出勤のこと、賃金のことを考えておかなければなりません。

 

こういって、自然災害で出勤できないような場合はどうするかということは、就業規則に書いてあるでしょうか?

 

有給休暇が無い人の場合はどうするか?

休業手当を出すのか?

あるいは所定労働時間分の賃金を支給するか?

はたまた、・・・・ムムム無給か?

 

本題は短かった!!(笑)

2018年 社労士制度50周年