メロンです・・・・請求書です!!

国会は何をするところか?

誰でも知っていること・・・法律を作るところですね。

社会保険労務士法も国会で作られました。

 

では、政府は何をするところですか?

これまた誰でも知っていること・・・法律を執行するところです。法律の基づき政を行うところです。

 

では、裁判所は何をするところですが?

言葉で言えば、「法を司るところ」というのでしょうかね?

 

法に照らして、合法か違法かを判断するところです。

 

これらが日本の3つの国家権力。

そして、この中の行政権の一角に厚生労働省があります。

厚生労働省は厚生(医療・福祉)関係と労働関係の政を行います。

 

厚生労働省は地方に出先機関があり、それが都道府県労働局。

各都道府県に1つづつあります。

 

そして労働局は職業安定部門、労働基準部門があり、それぞれに下部組織として公共職業安定所(ハローワーク)、労働基準監督署を持っています。

 

そして、労働局には労働保険料を徴収する部門があります。

 

労働保険料は労災保険料、雇用保険料の総称です。第1次産業の一部を除いて、労働者を雇えば、労働保険料を支払う義務が発生します。

この額って、相当なモンでしょうね~~?

 

この人の請求書も、相当な額ですよね~!笑

 

「メロンです。・・・・請求書です!」笑

2018年 社労士制度50周年