時間が過ぎるのが早いのは?!

よく「あっという間に時間が過ぎるね~!」とか

「年が明けたと思ったら、もう1月も終わってて、あれれ・・・もう2月も終わりよるが~・・!」とかいう言葉を聞きますよね。

 

カーリング女子のチームがいれば「そだね~、そだね~、そだね~!」と連呼してくれるでしょう(笑)

 

さて、この時間があっという間に過ぎるって、「その時間を充実して過ごしているから!」と思っている人が多いのではないでしょうか?

 

確かに、楽しく過ごしている時間はあっという間に過ぎるように感じます。

 

でも、お年寄りで、これといって趣味があるでもない人たちも、「あっという間に月日が流れる」と言いますよね。

 

この時間がすぐに経ってしまうのかどうかということは、充実しているかどうかではなく、新しい発見や学習があるかどうかによって決まるんだと思います。

 

つまり、毎日新しい仕事をしないといけないとなると、いろいろ調べ物から始まって、とにかく忙しいけど遅々として進まない、なが~~い1日を過ごすわけですよ。

 

子どもたちは、次から次へと新しい知識を身に付け、新しい発見の連続の日々を送るわけです。

 

そして、大半の大人は、毎日決まった仕事や家事をし、新しい発見も学習もなく、気が付いたらまた週末になっていたというルーチンを繰り返すわけです。

 

なんとなく、「ああ、そう言われればそうかも・・・」と思っていただけたのではないかと思います。

 

そして、私の最近の時間感覚は、毎日時が過ぎるのが遅い!!

新しい仕事を次々にやることになったここ最近。

やっと2月末・・・・といった感覚です。

 

ああ、でも、2月が28日と短いのも、いろいろ仕事が立て込む原因になっているので、そういう意味では「もう月末が来る~~~~!」と毎日叫んでしました!(笑)

 

あなたの時間は遅くすぎていますか?、それとも早くすぎていますか?

2018年 社労士制度50周年