大きな労働法の改正が!!

今国会は「働き方改革国会」。

目玉法案として出されている働き方改革に関する法案の中から、裁量労働制の拡大に関する法案が削除されるという話が出てきました。

 

案の定・・・というか、やっぱり・・・というか。

最初にデータが可笑しいと指摘されてからどれだけ経つのか?

 

なんで、それだけ指摘されても平然と(もちろん心の中はドッキドキなんでしょうが・・・)法案を通そうとするのか?

 

いつも良く分かりません。

何で一括して審議するのか?

そんな大事な法案を!!

 

まあ、それはさておき、仕切り直しということで良いのではないでしょうか。

 

企画業務型裁量労働制って、専門業務型と違って、そもそも対象があいまいなんですよね~。

それなのに、その対象を拡大するって・・・

 

おまけに、労使で定めた時間というのが、8時間という事業場が一番多いんですよね~・・・

 

独立行政法人 労働政策研究・研究機構が平成26年6月30日に出している「裁量労働制等の労働時間制度に関する調査結果 事業場調査結果」によると、企画業務型を採用している事業場の31.7%、専門業務型を採用している事業場の47.6%が通常の所定労働時間をみなし労働時間数にしているそうです。

 

え~~~~~~???って感じですよね~・・・

まあ、その範囲で仕事しなさいというメッセージと取れなくもないわけですがね。

 

どちらにせよ、まだまだ、法改正には時間が掛かりそうです。

 

ところで、昨夜我が家のバルコニーには変わったお客さまが・・・・

 

隣接住戸との仕切り版に鳩が一匹とまっていました。

 

妻に聞くと、何時間もそうしているとのこと。

風が強すぎて飛び立てないのか?怪我でもしているのか?

 

この写真を撮ったのは夜の10時ころ。

朝にはいなくなったけど、どうなったんでしょうね?

2018年 社労士制度50周年