金や銀やウランも同じもの!!

なんのこと?と思うような題ですが・・・・

金も、銀も同も鉛も酸素も水素も・・・・ウランもプルトニウムも・・・

陽子と中性子と電子の数が違うだけの単原子元素。

たいした違いは無いはずです。

 

でも、見た目や性質はずいぶん変わっちゃいます。

金は、その輝きや錆びないことなど、不変的な価値が見出されています。

 

そして、ウランやそれより重い元素は中性子を吸収すると不安定になり、分裂して別の物質になる。

その時に質量の一部がエネルギーに変わり、膨大な熱を放出する。

 

これが、質量のエネルギーへの転換であり、核分裂によるエネルギー獲得手段、原子力発電です。

問題なのは、一度核分裂をした燃料(ウランやプルトニウム)は長期にわたって熱を放出すことです。

 

黄金の銃で、黄金の弾を撃って決闘するほうが、よっぽど安全というか、周りに及ぼす影響が少ないというか・・・

 

 

2018年 社労士制度50周年