辞任すれば良いとは思わないが!

森友文書改ざん問題!!

ずいぶんと大事になっていますね。

 

そりゃそうですよね。

 

だって、約1年にわたって、改ざんした文書を国会に提出し、その間違った文書を元に国会は審議をしてきたことになるんですから。

 

で、責任は誰が取るかということですが・・・

財務大臣は、「最終責任は改ざんを行った部署の長たる当時の理財局長だ!」なんて言っているけど、それはおかしいでしょ!

 

政府の一部の部署で改ざんした文書で国会をだましていたわけで、国会は政府とは違う組織なんですよ。

 

つまり、国会に対し責任を明確にできるのは政府の長たる内閣総理大臣だと思います。

それをまあどうですか・・・・部下に責任を押し付けるような発言と態度!

 

確定申告も、まさに大詰め。

 

こんな時期に、国税庁長官は辞任し、その辞任した人に責任を押し付けるような財務大臣。

 

まあ、辞めたらそれで良いのか?という話しもあるのだけど!

 

ん・・・・・ん・・・・

いかん。

他人を批判しないというのが、今年の抱負だったはずなのに・・・

 

2018年 社労士制度50周年