大いなる力には、大いなる責任が!

昨日はアラレが降ったり、暴風が吹き荒れたり、最高気温も10℃程度の冬のような1日でした。

木曜日まで夏のような日が続いていたので、体が気温の変化に追いつかず、大変かも?

 

うどんで言えば、「ザルうどん」から「かけうどん」に変わるといったところか?

変な例えですがね!笑

 

 

でも、最高気温が10℃も下がると、食べるものも変わってくるというもの。

そんな1日でした。

 

天気予報で今朝の最低気温を見てみると、なんと2.8℃だとか・・・

数日前は最低気温が10℃を超えている日が続いていたので、これまたびっくりの変化です。

 

天気の変化も、春といえば、寒暖差が大きいのは当たり前とも言えますが・・・・

当たり前と言えないのは、・・・

 

1.政府がとんでもなく不祥事を出しまくること!

2.相撲協会の問題あれこれ!

 

秩序(コスモ)から無秩序(カオス)が増大しているのか?

相撲ははっきり言って、ダメなら葬れば良い(例えば、一般社団法人に降格)からたいした事ではないんです。

もっといえば、みんな相撲を見に行かなければ良い。

そうすれば崩壊するんですから!

 

問題は政府の無秩序状態!

権力を持つものたちが、その重大性を認識できていないことです。

 

ダメだからと言って、潰してしまうことはできないんです。残念ながら!

 

大いなる力を持つものは、その責任の大きさに気づいてほしいものです。

2018年 社労士制度50周年