まっとうな生き方!!

まず初めに・・・

私は基本、英単語を日本語の中に混ぜるのは大嫌いなんです。

 

「〇〇さんをリスペクトして・・・・」

「〇〇事件のエビデンスを検証し・・・」

「〇〇の件については、一つ一つのファクトを積み上げていき・・・」

 

馬鹿じゃないの????

 

日本語で説明できない専門家は失格です!!

 

ここは日本。

しかも、何十年も使われてきた外来語なら、多くの人が理解できるでしょうが、ここ数年聞かれる言葉を乱発するなんて・・・

 

素人ならともかく、専門家が言うのは失格!

 

おっと、・・・今日の題目はそんなことではありません。

 

ここで仕切り直しとして・・・

 

何年か前に読んだ小説の題名が「ディーセントワーク・ガーディアン」・・・ディーセントワークとは日本語にすると「まっとうな仕事」とでも訳せばいいのでしょうか。「人間らしい労働条件の仕事」という意味です。

 

一方、ガーディアンとは「守護者」。

つまり「ディーセンタワーク・ガーディアン」とは、「人間らしい労働条件の仕事を守らせる人」・・・・

「労働基準監督官」です。

とても面白い小説でした。

 

で・・・・

ここまでも実は前降り。

本題は、昨今の中央省庁の公務員の生き様についてです。

 

彼らの仕事ぶりは、多くの人が見ても過酷で大変だなという印象はあると思います。

 

また、責任の重い、国家の存亡にもかかわるような仕事だと思います。

 

ただ、・・・・ウソを突き通す・・・とか、自分の保身に走る・・・とか、どうなんでしょうね?

 

まっとうな生き方だと思えるのでしょうか?

まっとうな仕事だと言えるんでしょうか?

 

そりゃ~、人間らしい暮らしができる報酬はもらっているでしょう。

人間らしい労働時間かといえば、そこは・・・

そこはさておいて・・・・

 

まっとうな生き方は、一人一人の心がけ次第だと思うんです。

えらい官僚の皆さんでも、政治家でも、私のような士業者でも、ただのアルバイトのお兄さんでも・・・

 

どんな人だって、まっとうな生き方をしようと思えばできるし、気が付けば人には言えない闇を抱えることにもなるでしょう。

 

誰にだって、人に言えないことの一つや二つあるかもしれません。

 

それでも、まっとうに生きる努力をする。

「もう、なるようになれ!」と自暴自棄になるのではなく、努力をする。

 

彼らにも、そんな部分を見せてほしいな~と想った次第です!

 

先日食べた茶わん蒸しの写真を見ていると、また食べたくなってきました。

 

まっとうな仕事をし、まっとうな食事にありつく。

そんな平和な日々が大切です。

2018年 社労士制度50周年