総合労働相談員!!

昨日は、夕方から3時間ほど、社労士会の総合労働相談員をしてきました。

 

社労士会館の1回の相談員室で、電話待ちの3時間!

 

パソコンを付けて、直ぐに情報にアクセスできるようにして待機したいました。

 

ん・・・・・、なんかディスプレイが傾いているような?(笑)

 

結果は、昨日は何の相談もなかったのですが、まあ、過去の日誌をパラパラめくると、そういう日もボチボチあるみたいです。

 

私は月に1回のペースで、ここに相談員として詰めることになったのですが、夕方も5時半すぎて、2階の事務局の方たちが帰ると、シーンとして、ちょっと寂しい感じです。

 

自分の事務所でも、土日だとシーンとしていて、寂しいのと同じです。

周りで活動している人の気配がないと、寂しくなるもんです。

 

ところで、ここから話はそれるのですが、昨日は日大の会見があって、私も見ました。

あれはひどいですね。

 

特に最後の司会者!

もう、全てがぶち壊しというか・・・・

全てを物語っているというか・・・・

 

今までは、アメフト部の監督やコーチは大きな責任を取らないとだめだと思っていたのですが、考えを改めます。

 

日本大学、・・・・危機管理学部の学生募集を停止したらどうですか?

ブラックジョーク学部と笑われますよ!

 

ついでを言うと、大学名も替えたほうが良いと思いますよ。

どうも、日本国とか、日本大学とか、日本という名を頭に付けていると、嘘でゴリオシするような風潮が見られます。

 

あ、ところで、日本大学って、ニホンダイガクですか、それともニッポンダイガクですか?

 

ちなみに、日本年金機構はニッポンネンキンキコウであり、ニホンネンキンキコウというと怒られます!!(笑)

2018年 社労士制度50周年