大雨特別警報・・・まだまだ要警戒!

7月6日から降り続いている記録的な大雨。

 

ここ愛媛県松山市では7日の午前で大雨は終わり、その後は時折パラパラと降る程度です。

 

それでも、市内の各所には避難勧告が出たりして、かなり緊迫した状況が続いています。

 

でも、同じ愛媛県でも南のほうはそんな生易しい物ではありません。

 

もう、悲惨の一言です。

フェイスブックでも、この悲惨な状況を伝えてくれと、多くの写真が投稿、シェアされていました。

 

テレビを見ていても、大洲市の肱川が決壊し、市内が水浸しになっている様子が映されたりもしていました。

 

 

大洲市と言えば、今年の初めは記録的な大雪が降ったっところです。

こんどは水害だなんて・・・なんと悲惨な!!

そして、南のほうは、まだ、今日も雨が降っているようです。

 

大雨特別警報(数十年に一度の大雨による災害が迫っている)が出ています。

数十年に一度のことが、数年に一度起こっているような気がします。

2018年 社労士制度50周年